eden-freedom.cocolog-nifty.com > 国内の旅 関西編

金閣寺

金閣寺

鹿苑寺金閣は臨済宗相国寺派の禅寺
もともとこの地には、鎌倉時代に西園寺公経の別荘北山第があったが、足利3代将軍義満が応永4年(1397年)に西園寺家から譲り受け、山荘北山殿を造らせた。
庭園、建築は極楽浄土をこの世に現したと言われる。
金箔が張られているのは2層目と3層目のみであるであり、屋根はさわらの薄い板を何枚も重ねた、こけら葺で上には中国でめでたいといわれる鳳凰が輝いている。
1950年に一度、放火によって焼失しているために、歴史的価値としては銀閣のほうが高い。
晴れた日の午前中、朝9時ぐらいに見るのが太陽光が反射し、もっとも金閣が美しく見えるといわれ、小泉元首相もブッシュ大統領を招いた際に、わざわざ午前中に訪れている。