カテゴリー「学問・資格」の投稿

2008年1月24日 (木)

Last ドイツ

今日のドイツ語のテスト

これの単位がくれば

もうドイツ語を使うことはない。

しかも、最後ということもあって

文法は今まで習った部分全部。

正直、ドイツ語検定のときは

前から準備してちゃんとやっていたけど、

今回は当日に教科書を見直しておしまい。

あんまり、勉強に身が入らない・・・・

 

友達に勉強したか聞いてみたけど、

あんまりやってる人もいなかったし、

赤信号みんなで渡れば怖くないではないが

テストもみんなの点が悪ければ

どーってことない。

 

あとは、ホントにこれが最後のドイツ語になることを

祈るのみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

うれしいなぁ

今日、ようやくデジタルカメラを購入。20080118210018

できれば成人式前に購入したかったんだが、

予算の都合で断念。

しかし、今月のバイト代でついに念願の購入!!

 

今まで、ケータイの写メや、普通の写真をスキャンしたりと、

面倒なことをやっていたんだが、

多少、画質のいい画像がUPできるようになる。

 

それと、もう一つうれしいことが。

この前の木曜日にあった英語のテストが

あったんだが、

成績がすでにサイトにUPされていた。

  

その結果、56点満点中 45点で

ギリギリ80点台をキープ

かつ、総合的に判定が

キターーーーーーーーーーーっ!!(織田裕二のものまね風に)

英語は苦手中の苦手だから

英語が2つともA判定が取れたのは

本当にうれしい。 

 

あと、トラックバック野朗に二回もトラックバックしちゃったのはごめんなさい。

自分でも失敗して恥ずかしいし、

たぶん、ダッセーとか思われてるな。 OTZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

どーよー

今日は土曜に受けた

英語のテストが返ってきた。

<土曜日の振り替え授業が今日行われたため

今まで、成人式や同窓会なんかで

浮かれていた気持ちも

これで、現実へと一気に引き戻される。

 

テスト当日に、勉強していたことと

違うことが出たのは

正直あせったが

何とか時間いっぱい使って

解いた。

 

その成果は何とかB’

(ちなみにAが一番良く、Dは不可)

 

それと一緒に、その授業の全体の成績もあったんだが

それは、出席や提出、プレゼンなんかをやっているおかげで

がきました。

 

1年間土曜日にちゃんと出席したかいがあった。

これで、ひとつ単位をクリア!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月20日 (木)

テスト1

本日はドイツ語のテスト1つ目

辞書の持込が可ということで

正直、勉強が手抜きになってます。

実際解き出してみると

案の定、辞書に頼る結果に・・・

その結果、

時間が足りなくなって

空欄がいくつかできてしまった orz

テストの結果は

来年に返ってくるが、

忘れたころに

悪い結果が返ってくると

2倍へこんだ気持ちになる。

明日も、ドイツ語のテスト

後悔しないように

今から勉強ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

独検の結果

今日、ついに

ドイツ語検定の結果が送ってきた。

結果は見事に合格!!

封筒を開けて

ひとりで小さくガッツポースしてしまうくらいうれしい

合格点は60.93点で

僕の点数は66点と本当にギリギリ

でも、ギリギリでも合格は合格

ドイツ語検定3級には違いがないんで

これで履歴書の資格の欄が埋まる。

とりあえず、ほんとに良かった。

ちなみに解答はこちら

http://www.dokken.or.jp/answer/07_H.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

地域文化論③

今日の地域文化論は

ドイツ映画について。

 

まず初めに、『カリガリ博士』という映画の一部を見ました。

この映画は1919年に作られたもので

一切の音がありません。

役者さんが話している演技の間に字幕が入ってきます。

本に動く挿絵が付いたみたいな感じです。

それに、モノクロの初期ということで

画質があまりよくなく、役者さんのメイクが気持ち悪いほどに白い。

アダムスファミリーみたいな感じです。

それでも、当時は画期的なものだったらしいですが。。

 

次に、観たのが『メトロポリス』という1926年の映画です。

これは、1926年の当時の人が考えていた将来をイメージして作ってあります。

これには後付で、音がつけられていたんですが

そこは、音を消して鑑賞しました。

これは、カリガリ博士と比べ、かなり観やすくなっています。

それに80年も前の作品にもかかわらず、

高層ビル群や自動車の渋滞、電車(モノレール)みたいなのが

今の様子と変わらないように描かれたいました。

 

最後に、リーフェンシュタールの『美の祭典』 『民族の祭典』

これは、1936年の作品で

ヒトラーが作者に命じて、ベルリンオリンピックの様子を

撮らせたものを映画化してあります。

しかも、日本が同盟国だったということもあって

日本人も多く映っているそうです。

 

こういった映画は自分で借りてきた観ないんで貴重な映像が見れてよかったと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

独検の解答

独検の解答が発表されました。

http://www.dokken.or.jp/answer/07_H.pdf

ちなみに、3級はリスニングの第三部が4点で

その他が3点の151点満点らしいんですが

それを100点満点に直して

合否を判断

自己採点をしてみた結果

100/151点で

100点満点に直すと66.22ぐらいで

合格にはギリギリか

ともかく結果はクリスマスぐらいに届くので

いいクリスマスプレゼントになればいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月23日 (金)

独検本番

今日はドイツ語技能検定3級の試験日

試験会場は東京電機大学

一度も行ったことがないとこなんだけど

家の近所では

そこが一番近かったんで

そこに決めました。

試験会場は豊島区や千代田区に集中せずに大田区や、品川区でもやってほしかった。

最寄の駅は新御茶ノ水だったんだけど

電車代ケチって神田で降りて

歩いていくことに

道に迷うだろうなーーという予測の通り

少し道に迷いました

歩きすぎて、明治大学のほうまで行ってました。

試験は時間に余裕を持って出かけていたので

それは想定の範囲内

30分前には着席し、最後の悪あがき

今さら、何やっても頭に入らないのに

あんまり、勉強しなかったのが悪いんですけど。

試験が始まって

やってみると

案の定、あんまりわかる問題がない・・・・

特に熟語は知らないとどうにもならないんで

勘に頼りました。

長文問題はなんとなく解けたつもりになって

終了。

その筆記試験が終わって

あとはリスニング。

リスニングも最後の問題がわからなかった・・・

ということで、あとは神頼み。

12月に結果が出るんで

合格したらまた、報告します。

ちなみに解答はこちら→http://www.dokken.or.jp/answer/07_H.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

独検

あまり、聞きなれない方も多いと思いますが

独検とはドイツ語検定の略です。

11月23日に試験があるんですが

勉強がなかなかはかどらない。

こんな、ブログとかやってるからでしょうが・・・

そもそも、この検定を受けるきっかけとなったのは

学校が試験料を全額支払ってくれて、且つ

成績に反映されるから。

やらなくても損をすることはないが

やるからには合格したい!!

これから必死に単語と文法を見直していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

吉野家②

たまたまなんですが、

今日の応用経営学の授業で

吉野家の話が出てきたんでその話をします。

吉野家は言はずと知れた牛丼屋さんです。

ただ、今日の授業ではじめて知ったことなんですが

1980年に一度、倒産をして会社更生法の申請を食品業界で

初めて適用されたそうです。

最近では2004年にBSE問題でアメリカの牛肉輸入が停止したとき

ピンチに陥っていましたが、まさか倒産しているとは。

で、授業は企業の衰退と成長について

その一例として吉野家がでてきました。

そもそも、吉野家が倒産まで追い込まれたのは

  • 急激な店舗数を増加と全国展開。
  • 牛丼1品のみでニーズに対応できなかった。
  • 人材育成が間に合わなかった。
  • 牛肉の値段が高騰して原料の入手が間に合わず値上げを強いられた。
  • フランチャイズチェーンは本部が傾くと牛丼の元の供給ができなくなり連鎖的に倒産が起きた。

などが挙げられます。

先生がおっしゃるには勢いよく成長しているときには

悪い点が見えにくくなっいるが、

少しでも傾いていくと

そこからずるずる衰退していくそうです。

そして、なぜ初めて会社更生法が適用されたかというと

吉野家がお米の消費に大きな貢献をしていたという理由から

倒産を避けようと適用されたのです。

言われてみれば、

ご飯離れが叫ばれる昨今、

大量に米を必要とする会社のひとつであるには違いありません。

そんでもって

会社更生法適用後から、現在の成功にいたる戦略とは・・・

 

  • 管財人が積極的に指揮をとり、牛丼の商品改良に力を注いだ。
  • 店舗のリストラを大胆に推進した。(西日本の店舗を引き払った)
  • 倒産後も社内にとどまった社員のチームワークがよかった。

そして現在に至るわけです。

多分、もっと色々戦略をとっていると思いますが

授業で触れられたのはそれだけだったので。

 

さすがに牛丼1本で続けられていたら

正直、いくら安くても飽きる。

よくぞ、復活してくれた吉野家。

そのおかげで、ご飯代が安く済むんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧