カテゴリー「ゲーム」の投稿

2007年9月16日 (日)

RPG

今日久しぶりに、

プレイステーション2を起動させてみた。

ちなみに

ソフトはというと

ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル

5,6年前に一度クリアしたが

最近 FFⅦ CRISIS COREが出たということで

また、やりたくなって

7月上旬に買ったものの

メモリーカードを

PS2のものしかもっておらず

セーブができないという

RPGにおいて致命的な状況に陥り

そのまま放置

それで最近ひまとお金ができたんで

PSの古いメモリーカードを手に入れて

始めるに至った。

やり始めると止まらない。

一度クリアたけど

全然、覚えてないから面白い。

それはいいとして、いつも思うのは

RPGの世界は超格差社会だということだ

始まりの町は決まってアイテム代や武器代も安く

収入が低いと思われる。

それでエンディング近づくにつれ、

いい武器やアイテムを扱うようになり

それに伴って、収入が高くなるのは目に見えている。

それに加え、自分の身を守ると考えると、

住民のレベルも終わりに近づいて高くなり、

正直、ラスボスの手前にある町の住人は

その町の外の敵と戦うことも必要になるわけで

住人自体のレベルも高いか

もしくは、自己防衛手段として、軍隊や自衛隊的な組織が

発達しているかのどちらかが考えられる。

ぜひそのような組織があるのならば、

主人公の代わりにラスボスを打ちのめしていただきたい。

またいつもうまく敵のレベルが段階にあがっていくとは限らない。

もしかしたら主人公が道を誤り

いきなりレベルが20くらい違う敵のいる所に行ったら

間違いなく太刀打ちできない

下手すると最初に出てくるちょっとしたボスは

最後になると雑魚キャラ以下ということはよくありうる。

そんな格差社会で、そこの住人はどうも思わないのだろうか!?

ポケモンで例えると、

マサラタウンから全バッチを集める主人公と

グレンタウン出身で全バッチを集める人とでは話が違う。

グレンタウンから逆周りで行くとトキワシティのサカキは別として

ニビシティのタケシ(イワーク、イシツブテなどを使っている)など雑魚に違いない。

逆にタケシに言いたいのは

もっと強いポケモンは野生にもいっぱいいるんだから、

それらを捕まえに行かないのか!?

それともタケシは向上心がないのか!?

怠慢とさえ考えられかねない。

一度でいいから最後に行くにつれ敵が弱くなっていくゲームがやってみたい

たぶん面白くないと思うけど・・・

そもそも、そんなこと言うとゲームが

成立しなくなるんで仕方ないとしか言いようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)